姫路の革が手に入りました

僕の地元、姫路産の革が手に入ったので、早速小物入れを作ってみました。

少し肉厚なオイルレザーで、オレンジと黄茶の間の様なとても良い色です。

コシもしっかりとあり、使い込んだ時の経年変化が楽しみです。

少し改善点が見つかったので、試験的に使ってみて改良が必要ですね。

製品化まではもうしばらくお待ちください〜

Leather Pouch

一年に一回の確定申告。

 

毎年、添付書類や記入漏れなどで何回もやり直している様な気がする、、、。

初めてレース編みで作ってみた、オイルレザーの書類入れに書類を入れて
福岡県柳川市三橋町に庁舎に行ってきました。

職員の皆様の対応がとても丁寧で、去年まで行っていた世田谷区とは大違い(笑)

手際良く処理をされて還付される金額まで計算して教えてくれました。

少ないですが、還付されると得した気分になりますね。

コードバンのお手入れ方法

 

先日、博多の東急ハンズに来られていたシューケアーのサービスマンの方に

コードバンのお手入れ方法を教えて頂きました!

 

数年前に購入したAldenのチャッカですが、冠婚葬祭の時にか履かないので

履きシワの部分が白くなってしまい目立っていたのですが、、、

 

M.MOWBRAY モウブレイのシュークリームをシワにそってホースブラシ

で刷り込むと毛羽立っていた表皮が寝かされ元通りツルッとした状態に

戻ってくれます!

そして、しっかりとクリームを塗り込んでしっとりとさせた後に

ワックスをしっかりと塗り、こちらもシワに刷り込む様に塗り込めば

いい感じに仕上がりました。

ほんとはコードバン用のクリームがあるそうなのですが、とりあえず

代用は可能みたいです。

 

革モノはメンテナンスをすれば購入した時よりも、美しく自分好みの

表情になるのがうれしいですね。

 

また、手入れをしないと取り返しのつかない事にもなるので、

メンテナンスする技術と知識を磨かないとだめですね。

 

Oil Long Wallet

レザークラフトを始めるキッカケとなったgoro’sのウォレットを

三年ぐらい使っていたのですが、長財布が欲しくなったので作ってみました。
少し順番を間違えたので、手こずりましたがイメージ通り出来上がりました。

タンローをブラウンに染色し、オイルをしっかりと染み込ませ、真鍮のボタンを

錆び加工し、仕上げにビンテージ加工をする事で結構いい感じに仕上がってます。

 

バックは刻印をセンターに入れただけのシンプルなデザイン。

 

ジッパーはYKKなのですが、本当はCROWNかTALONの棒ジッパー

あたり使いたいですね〜

日本札は大きいのでユーロやドルと同じくらいのサイズにしてくれれば

もっとスッキリとしたデザインのロングウォレットが作れるのになぁ〜

といつも思います。

ちくごの手仕事

今年のお正月は、筑後市にある恋樹神社で有名な

引田天満宮へ初詣に行ってきました。

 

その際に、地元の作家さんの作品が展示されていて、一緒に「ちくごの手仕事

と言う本が紹介されていました。

近所の書店を探しに回ったのですが、中々見つからず博多アミュプラザの中の

本屋さんでやっと見つける事が出来ました。

 

筑後エリアで活動されている藍染めの工房や、久留米絣、八女の紙漉など色々と

紹介されていました。

 

機会があれば是非工房へお伺いしてみたいですね。