HP_トップページスライダー_2_ HP_トップページスライダー_3_ HP_トップページスライダー_4_ HP_トップページスライダー_5_ HP_トップページスライダー_6_

LEATHER WORKS

Leather Dyeing

今回オーダーいただいたシザーケースはブラウンのお色指定がありましたが、完成したものの、少し色身が単調だったのでもう一度最初から染め直す事にしました。

 

染めた直後と完全に乾燥した状態では色の出方が全然違う上、レザーの部位、状態などにより染まり具合が全然違うので、何度やっても同じ様な仕上がりにはならないのが難しい所でもありますし、奥深い所でもあります。

20120714-215746.jpg

Seiwa社の染料を使用しているのですが、とても使いやすく良く染まるので愛用させて頂いています。

 

より深い色の焦茶色にする為に最初に赤茶色に染めた後、焦げ茶色で染めると奥深い良い色に仕上がりました。

 

又一つ勉強になりました。

ステッチングポニー

Singer 17ミシンを手に入れてからしばらくミシン縫いばかりやったから

久しぶりにステッチングポニーを使って手縫いした。

ミシンに比べ数倍手間はかかるけど、一針一針づつ縫い進めて行くのは

とても気持ちがいいもんです。

20120710-084352.jpg

ミシン縫いと手縫い、両方の良さを活かしたアイテム制作をして行きたいですね。

Luft hair ルフトヘアーさん ご依頼のシザーケース

僕の地元の友達 川口君が5年前から兵庫県姫路市京口駅前にて経営している

Luft hair(ルフトヘアー)。

 

彼とは小学校の一つ上の先輩で、サッカー部での思い出や一緒にいろんな所へ

サーフトリップしたのが懐かしいですw

 

お客様一人一人とじっくり向き合う為に、一人で頑張っているようで

とてもお客様に愛されているみたいですね。

 

そんな彼から、オダーを頂いたシザーケースが完成しました!

20120705-211506.jpg

 

今回のオーダーはシザーが6丁入る様にと、掃除をしやすい様に

すべて分解出来る様にとの事でした。

20120705-212048.jpg

 

一ヶ月くらい何度もサンプルを作り直し、自分でもかなり完成度の高い

レザーシザーケースに仕上がったと思います!

 

タンロー(ヌメ革)を黒に染め、オイルをたっぷりと染み込ませた

オイルレザー。

表のカバー部分を外すと、、、、、

20120705-212104.jpg

 

シザーを差し込むホルダーが四本と二本に分かれた仕様になっており

ボタンで開閉出来る様に。

20120705-212127.jpg

 

カバーを外したベース部分。

20120705-212120.jpg

 

裏返すとベルトが取り外せる様に本体に通しており、表のカバーは

バネホックボタンとギボシで取り外しが可能に。

20120705-212145.jpg

 

全体を束ねるベルトは二重リングで調節出来る様になっているので

ダカールをお好みのバランスで挟む事が可能です。

20120705-212139.jpg

 

腰に巻くベルトは、ナスカンで取り外しが簡単に出来る様にとの指定があったので

20mm幅のタンロレースを使用し、100cm~110cm前後に調節が可能となっています。

20120705-212112.jpg

 

FIFTH WORKS独自のヴィンテージ加工を施し、いっそう味のある仕上がりに。

20120705-212133.jpg

 

出来るだけスマートに、かつ強度と使い勝手が良い様にと、自分でも

色々試行錯誤して制作したアイテムなので、かなり勉強になりました。

気に入って頂けると嬉しいです!

Indigo Pouch

先日藍染めした帆布をブラウンのカーフレザーと組み合わせて作ったインディゴポーチ。

 

良い感じに染まっているので、使い込んだ時の経年編変化が楽しみですね〜

 

ちょっとサイズバランスが悪いので、もう少し使いやすい様に修正しないと。

 

 

皮革産業の町 兵庫県姫路市御着

地元姫路市の革産業パンフレットが届きました。

 

JR御着駅から姫路駅に向かっての線路沿線にはタンナーさんが

なめし終わった革を天日干ししている風景を目にすることができます。

 

中でも皮革産業が盛んな御着エリアで、小学校の工場見学は近所のタンナーさんでした。

当時は、何も意識せずにスゴい大きな機械が沢山あるな〜と思ったぐらいで

今となってはとても貴重な体験をさせてもらえたと思っています。

 

素材である革自体は、一般消費者へのアピールが難しいため、以前までは

あまり姫路が国内最大級の皮革産業地帯である事が知られていなかったと思います。

 

しかし、最近のレザークラフトブームの影響もあって、姫路の革という言葉を

目にする機械が増えてきた様に感じます。

 

 

姫路の革と言えば、最高級のコードバンを生産するタンナーとして

新喜皮革さんが世界的にも有名ですが、御着・四郷地区の皮革産業の

歴史も古く、戦前よりタンニン鞣し革を生産していたそうです。

 

 

色々と姫路市も地場産業を盛り上げようと面白い事を行っているみたいですね。

 

あまりにも身近過ぎてあまり意識していなかった地元の世界に誇れる技術。

革に携わる様になってから、とても恵まれた環境にいたのに

活用出来ていなかった事を今となって後悔してますw

 

もう数年地元に帰ってないので近いうちに色々と回りたいです。

 

御着駅を降りて徒歩一分の所にあるベビードールのサンドウィッチが食べたいですw

兵庫県皮革産業協同組合連合会