LEATHER WORKS

久留米絣と姫路レザーのキーケース

最近、大人気のキーケースです。

 

今回は姫路レザー ブラウン×キャメルのバイカラーと久留米絣とレザーのコンビタイプ。

 

 

絣の方はリベットが届かなかったので、カシメで止めてます。

 

 

キーナスカンもそれぞれ希望の数だけ。

この仕様だと好きな数にできるからオススメです。

4連キー金具みたいに、壊れないし。

 

絣には芯材を接着しているので、強度もつよくなってます◎

 

お好きな色の組み合わせでお作りいたします★

ご注文お待ちしております。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

久留米絣ハギレショルダーバッグ

先日、うなぎの寝床さんに分けて頂いた久留米絣のハギレを使をて、ショルダーバッグを試作☝︎

ピッグスエードに絣と革のハギレをペタペタ貼り、ステッチ。

ステッチの入れ方や装飾のバリエーションも色々勉強しないと。

ここまでが大変す…

両サイドとマチを縫い合わせて

口をパイピングして

ショルダーストラップの根革をカシメで固定して、完成。

だいぶ前に作ってた、フェザーを飾りでぶら下げてみた。

なかなか、生地のレイアウトが難しいす。

もっと素材集めますーー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【NEWYEAR’S MARKET】に出品します!

僕の尊敬する先輩
AlexanderLeeChang様にお誘い頂き、池尻大橋にあるRE studioさんにて、FIFTHWORKSの商品を少量ですが出品させて頂きます!

期間限定の開催ですので、お近くの方は是非

どうぞよろしくお願い致します!

【NEWYEAR’S MARKET 】

開催期間:1月15日(日)~1月29日(日)

開催場所:RE studio
東京都目黒区大橋2-6-14 川俣ビル2F

火水金 15:00-20:00
土日 13:00-18:00
月木 定休日

只今2[Ni]の改装期間に伴いまして、
2週間の期間限定で
普段から親交のある方々にご協力頂き、
小物、絵や器といった生活雑貨を中心に様々なアイテムを販売します!

参加ブランド・アーティスト一覧

YOSHI47
小田原 愛美
HALFTRACKPRODUCTS
FIFTH WORKS
大江憲一
HASAMI
DOUBLE=DOUBLE FURNITURE
SUSAN HOFF
SAYHELLO
RIPNDIP

そしてAlexanderLeeChangからも
期間中新商品が続々登場しますよ!

http://www.alexanderleechang.com/blog/2017/01/-tokio-4.php

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

姫路より特価革入荷☝︎

WSに参加頂いている方に大人気の特価革が姫路より入荷しました!

今回はほとんど牛革ですが、一枚だけゴードバンで有名な新喜皮革さんから馬革も。

img_7525

ゴードバンを採る為にベンズ部分は切り落としているみたいなんで、ダブルショルダー サイズ。

img_7526

使いやすいサイズ

img_7527

40cm幅にカットして販売してます。

img_7528

まだ途中ですが、こんな感じのバッグを作ってます。

img_7529

現品限りの革のため、無くなり次第終了です。

どうぞよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

オイルレザーに接着剤が付かない件を色々と実験してみました。

先日納品させて頂いた商品に不具合があったので、原因を調べてみました。

 

まず、お客様、この度はご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

再度制作するにあたり、再発がないように万全を確認してから取り掛からせていただきます。

 

<症状>

一週間ほど使用したら、コバ面からノリがはみ出してきて黒い塊ができ、ベタベタと手に引っ付いてしまう。

 

<使用レザー>

タンニンなめし タンロー1.0mm厚、1.6mm厚

ニートフットオイルをスポンジに浸透させて、3~4回手摺りで浸透させた。

 

<使用オイル>

ニートフットオイル

 

<使用ボンド>

ブルドック印 ゴムのり

 

<事前テスト>

紙にゴムのりを塗り、完全に硬化した後、ニートフットオイルを垂らすと、ベタつきがでて軟化する事を確認。

 

まずは、ニートフットオイルの薬品屋さんに確認

成分:牛脚油100%

特徴:牛の蹄骨の油を高度に生成した油

 

僕は鉱物油が混ざっているから、石油でとけてしまっているのかな?と思ったのですが、間違いなく牛脚油100%との事。

動物性のオイルは革の繊維に浸透した後も安定性が悪いらしく、時間が経って徐々に奥まで浸透していくそうです。

浸透がいいのは良い事なんですがね!!

染色した時とか、革が硬くなったらニートフットオイル塗ると全然質感変わりますよ。

 

 

次にゴムのりのメーカーに確認。

回答:ゴムのりとオイルの相性が悪いので、シンナーでオイルをしっかりと拭き取った後、やすりがけしてゴムのりを塗るように言われました。

下の画像が、オイルレザーにゴムのりを塗ってから貼り合わせ、にゅるにゅると動くので数回革をねじってわざとゴムの塊を作りました。

 

1日してから剥がした物(左)

にゅるにゅるになったゴムのりとゴムの塊をシンナーで除去した物(右)

 

表面のゴムのりはシンナーで綺麗に除去可能で、ベタつきも除去できます。

ただ、浸透しているオイルを完全に除去する事は出来ませんでした。

 

img_7499

 

次に後輩くんがギター制作に使用する膠を教えてくれました。

 

この膠、つぶ膠と言うそうなんですが、凄いポテンシャルですよ!

画材屋さんとかに売ってるそうです。

Amazonでも売ってます。

 

オイルレザーでもカチカチに固めれます。

ただ…手間がかかる。

<長所>

ベタベタにオイルを浸透させた革でも、しっかりと接着可能。

 

<短所>

・ぬるま湯に膠を入れ湯煎しながら溶かす。

・密閉容器に入れていても数時間でゼリー化する。←ドライヤーなどで再加熱してあげれば、再利用可能。

・カビが生える

・実用強度に達するまで30~120分かかる(オイルが多いところは、油膜が乾燥の邪魔をするのかなかなか乾燥しません)

・約60度以上で軟化する。(接着したところをドライヤーで2分ほど温めただけで、硬化していた接着面がゆるくなります。)

 

ふのりを使った事がある方は、同じような感じだと思っていただければ。

 

img_7510

 

靴修理のプロが使っているのは、ノーテープの9820とP-51

 

9820はグラフト系で速乾性と固めに固まるのが特徴

ただ、オープンタイムがシビアでなかなか癖がありますね。。

ぼーっとして時間を間違えると全然付かないです。

 

P-51はオイルレザー用のプライマー

メーカーの推奨乾燥時間は室温で10~20分とありますが、本職の方が半日ぐらい置いた方が良いよと教えてくれました。

 

確かにしっかりとつくのですが、仕立てる場合に接着するのに1日かかるのは作業効率が悪い…

 

 

ホーウィン社のクロームエクセルとか、人気のオイルコードバンの接着不良は多いらしいです。

あんなけオイルが入ってたらそら剥がれそうですよね。

どうやって仕立ててるんかな??ご存知の方いらっしゃったらご連絡お待ちしてます!

 

img_7511

 

そして最後にG17でおなじみのコニシ様

 

電話で状況を相談したところ、「ゴムのりがオイルで分解されてしもうとるんですわぁ〜」と教えてくれました。

 

ネットで調べたらG103が耐油性があるって書いてたんですが、オイルレザーにも使えますか?と聞いたところ、

「オイルに強いニトリルゴム系の接着剤なんで、うちの商品の中では一番オイルには強いですよ。ただうちでもそこまでの実験データがないので、オイルレザーを接着できるかはなんとも…。」

との事。

 

一縷の希望を抱きながら近所のホームセンターに買いに。

早速実験。

 

オイルをたっぷり塗ったヌメ革を40番手のヤスリで5mm幅ほどガッツリと荒らし、G103を薄塗り。

5分ほど乾燥させてから、貼り合わせて圧着。

 

img_7512

 

ガッチリと食いついてます。

まったく剥がれない訳ではないですが、十分な接着です。

割って曲げても、剥がれません。

もちろん、にゅるっともしませんしベタつきも有りません。

 

img_7513

念のため、事前テストと同じように、

紙にゴムのりを塗り、完全に硬化した後、ニートフットオイルを垂らしましたが、ほとんど質感は変わらず。

これなら、速乾性もあり、通常の接着作業と変わらないので、十分使えそうです。

 

革の硬化などもなく、ひび割れたりはないと思いますが、しばらく様子を見て、本番に使用してみたいと思います。

 

僕は使った事がないのですが、オーダーRさんがオイルレザー用の接着剤を販売されていますね。

常盤化学工業(株) バンダー

よかったらご参考まで。

 

こちらの実験はあくまで自分の感覚の範囲内ですので、すべての革に使える訳ではないと思いますが、少しでもヒントになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0