HP_トップページスライダー_2_ HP_トップページスライダー_3_ HP_トップページスライダー_4_ HP_トップページスライダー_5_ HP_トップページスライダー_6_

メタルブレーキ(ベンダー)を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口金を曲げるのに使うベンダー(鉄を折り曲げる道具)を導入しました。

 

いつもお世話になっている九州芸文館のOさんは鉄の造形作家さんなので、鉄や真鍮のことを色々と教えていただいています。

ダレスバッグの口金に使用する為に、3mm厚のスチールフラットバーを曲げる方法を相談したところ、こちらの道具をお勧めいただきました。

 

結構重いです。

バイスはMADE IN JAPANのナベヤ STUDY リードバイス。

中国製のものは挟む部分の精度が低いと聞いたので、国産にしました。

中古ですが、まだまだ使えそうです。

 

ガッチリ保持してくれます。

 

0.5mmのアルミ板なら軽々直角に曲げれます。

スチールフラットバー 3mm厚 19mm幅は直角は厳しいですが、なんとか曲がりました。

初めて触る工具なので色々と試してみて、使えるようになるまで頑張ります。

200V引っぱって溶接機が欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。